top of page
  • reworkjp

周波数の50Hzと60Hzの違い

コンセントから得られる電力の周波数は、「50Hz」と「60Hz」の2種類である。これは地域によって異なるもので、周波数と電化製品が合っていないとトラブルの原因となる。オフィスを移転する際は、必ず全電化製品を交換しないといけないのか?周波数の違いについてまとめる。

周波数とは? 周波数とは、1秒間に流れる電気が変化する回数のこと。コンセントから得られる電気は、波のように大きくなったり小さくなったりを繰り返す。その1秒間における波の数(大小でワンセット)が電源周波数。周波数は「Hz(ヘルツ)」という単位で表される。 もう少し詳しく見てみる。乾電池やバッテリーに使われる電気が「直流」であることに対し、電線やコンセントを介して電力会社から供給される電気は「交流」である。交流の電気は定期的にプラスとマイナスが何度も入れ替わり、電流の向きが交互になる。周波数とは、この1秒間に入れ替わる回数のこと。「50Hz」とは1秒間に50回、「60Hz」とは1秒間に60回変化することを表してる。 現在日本には、地域によって異なる「50Hz」と「60Hz」という2種類の周波数が存在してるが、おおまかに、東日本が50Hz、西日本が60Hzとなっている。静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりが境目となっており、一部には混在している地区もある。 50Hzと60Hzの違いについて では、50Hzと60Hzの電気は何が違うのか。基本的には、両方とも「電気」であることに変わりはないが電化製品の側に、周波数を基準にして作られているものがある。 そもそも何故日本に2種類の周波数があるかというと、発端は明治時代にまで遡る。発電機を外国から輸入する際、東京と大阪の発電所がそれぞれ異なる発電機を導入した。東京はドイツから50Hzの周波数を持つ発電機を、大阪はアメリカから60Hzの周波数を持つ発電機を取り入れた。それから何度も周波数を統一しようという試みたが、結局、現在でも関東が50Hz、関西が60Hzという周波数になっている。 具体的な電力供給会社としては、北海道電力・東北電力・東京電力が50Hz地区、中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力が60Hz地区、中部電力が混合地区だ。移転・引越しなどで転居先の周波数がわからない場合は、事前に電力供給会社に確認しておくとよい。 ここで注目するべきは電化製品です。50Hzもしくは60Hzを基準として作られている電化製品を異なる周波数の状況下で使用すると、モーターの回転数が変わって性能が低下したり、過剰に働いて火災の原因となったりする。場合によっては電化製品が痛み、故障を早めてしまう可能性もある。 オフィスの移転などで周波数の違う地域に引っ越す際には、今持っている電化製品がどの周波数で作動するのかを確認することが大切だ。 とは言え、近年では50Hz・60Hzのどちらでも使用できる電化製品も増えてきた。エアコンやパソコンといった機器は、もともと周波数に関係なく使用できるほか、モーターの周波数を適切に変えて回転数を調整する「インバーター」が内蔵されている、ヘルツフリーの製品も多く登場してきている。 近年の製品であれば、動作不良を起こす心配はほとんどないだろう。「50/60Hz」と表示されていれば、どちらの周波数でも使用可能だ。製品によっても異なりますが、種類ごとの目安としては以下の通りである。 そのまま使用できる電化製品 エアコン・テレビ・パソコン・こたつ・温水器・電気ストーブ 使用可能だが多少性能が落ちる可能性のある電化製品 掃除機・扇風機・ミキサー・ドライヤー 周波数の確認が必要な電化製品 洗濯機や乾燥機・冷蔵庫・電子レンジ・蛍光灯(インバーター内蔵なら大丈夫です) 特に電子レンジや蛍光灯は未だ50Hzもしくは60Hz専用のものが多いので要確認。製造年月日が古いものは注意が必要である。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page