top of page
  • reworkjp

シワについて(シワその1)

シワは紫外線、乾燥、活性酸素などによって生じる

また表情にひろ皮膚表面にヨレが生じ、一過性のシワが形成され、これが繰り返されることで静止時でも見られるようになる。 よく考えれば生まれてからある境を分岐点として死にむかっていくわけで体の水分が弾力性が減っていく。各細胞が役目を終えていくわけでそりゃあ~体はかたくなるしシワが増える。これはいかんともしがたい自然の摂理なのだ。 ただいつまでも若くありたいとの願望は誰にでもある。美の対象たる女性はその思いも強いわけだが、化粧品の効能効果の56番目に「乾燥による小ジワを目立たなくする」が2011年に追加された。この効果について書けるのは、日本香粧品学会が2006年に公表した「化粧品機能評価ガイドライン」に基づく試験、またはこれと同等以上の適切な試験をメーカーの責任において行い、その効果を確認したうえで試験を行った「効能評価試験済み」の製品に限られている。

シワ改善薬用化粧品

医薬部外品でも「シワを改善する」効能の有効成分が開発され、しわ改善薬用化粧品が世に出てきた。 最初に世に出た有効成分はコラーゲンなどの真皮成分を分解する好中球エラスターゼを抑制する効果のあるニールワン。2番目の有効成分は純水レチノールだ。レチノールは昔からシワに効果があるといわれており、かなり昔から基礎研究が行われてきたが、これを安定に配合するのは至難の業だ。 一般の抗老化成分は表皮、基底膜、細胞外マトリクス、血管新生、活性酵素をターゲットとしている。表皮をターゲットにしたものではαヒドロキシ酸、メバロラクトンなどがある。美容医療では、コラーゲン、ヒアルロン酸の注入のみならず、ボトックスや自家培養線維芽細胞の注入などを行っている。

シワについて、金ちゃんの目からウロコ

●化粧品の56番目の効能に「乾燥による小ジワを目立たなくする」と書かれている。 ●医薬部外品にある「シワを改善する」有効成分は、老化成分やシワが発生する働きの成分をターゲットとして、その働きをおさえる(阻害する)。 ●離れ業(強引な方法)としてコラーゲン、ヒアルロン酸の注入やボトックスの注入がある

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page