top of page
  • reworkjp

オーガニックコスメこそ毒があるという事実

日本ではオーガニックコスメに定義なし

「オーガニック」とは元来、農薬や化学肥料を使わずに野菜を育てる「有機農法」のこと。ヨーロッパでは、オーガニックコスメ=有機栽培した植物から摂れる成分のみを使った化粧品と定義され、認定機関も多数ある。しかし日本では、認定機関も定義もなし。 「食物由来成分がたくさん入った化粧品」というイメージだが、実は食物エキスをわずか1種類入れただけでオーガニックコスメを名乗る例もある、できる。

植物の芳香成分には刺激やアレルギー物質が

植物が香りを放つのはなぜか? それは、害虫などの敵から身を守るのが大きな理由。植物の芳香成分は、多数の化学物質でできており、構造的には毒性(刺激やアレルギーリスク)を持つものも多い。 この芳香物質が含まれているのが、オーガニックコスメに配合される「食物エキス」や「精油」。植物エキスは芳香物質の濃度が薄く、刺激も効果もほぼ無い。しかし精油は、芳香物質だけを凝縮していてリスクも大きい。

目からうろこ

植物の毒をナメていると痛い目に! 敏感肌ならオーガニックは使用中止がよい。

引用文献 「オトナ女子のための美肌図鑑」かずのすけ著、株式会社ワニブックス(2017年) ★シンプルで分かりやすい、イチオシ本です(^^)/

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page